熱中症を防ぐ心得


熱中症は生命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。熱中症を防ぐためには、日常生活における注意が基本となります。

ホームページ1

ホームページ2


日常生活での注意事項は、暑さを避ける生活をする、例えば日陰を選んで歩く、屋外での活動ではテントを張り、軒を出す、朝のうちに打ち水をする、ブラインドやすだれを垂らし直射日光を防ぎ風通しを良くする、日傘をさす、帽子をかぶる、扇風機や空調(エアコン)を使う。
服装を工夫する
 皮膚表面まで気流が届き、汗を吸って服の表面から蒸発させることができるものが理想です。近年開発されている吸汗・速乾素材や軽・涼スーツなども活用や、太陽の下では、輻射熱を吸収して熱くなる黒色系の素材は避けた方がよいでしょう。また、首周りをネクタイや襟で締めると、前胸部の熱気や汗が出て行きにくくなり不快感を生じますので、襟元はなるべくゆるめて通気してみて下さい。

イキイキ生活 りんく集